車社会の地方都市や田舎町では運転代行は無くてはならないインフラです

車社会の地方都市や田舎町

都会では車を持たない若者が増えている様ですが、
地方都市や田舎町では公共交通機関が発達しておらず、
生活の足としては車が中心と言えます。

従って、通勤も大多数の人が車通勤をしています。

そんな地方都市や田舎町で、会社の飲み会等を行うとなると、
都会とは少し違った足の確保が必要で、運転代行が必要なインフラとして定着しているのです。

運転代行は地方都市や田舎町の飲み会時の帰宅の足です

車で通勤し、金曜日の終業後に飲み会が開催となると、多くの方はいつもの様に
車で会社に出勤し、仕事が終わると車で飲み会会場の飲食店駐車場まで車で向かいます。

飲み会が終わると、各々が運転代行業者さんに電話を入れ、
自分の車の助手席や後部座席に乗り込んで、代行者の方に運転してもらい
自宅駐車場まで戻るのです。

そのため、花の金曜日には飲食街に代行業者の伴走車が列をなす光景が見られるほどです。
また1次会が終わる9~10時頃や2次会が終わる、11~12時には待つこともあります。

運転代行には常連のお客様も少なくありません

会社の接待等で飲む機会が多い方には、馴染みの運転業者の2,3社の電話番号を
スマホに入れて居られる方が少なくありません。

馴染みの運転代行業者なら、「自宅まで」と言うだけで帰路を説明する必要もなく、
うたた寝をしていても安全に送り届けてもらえるのが便利なためという事です。

もちろん常連さんでなくても、飲食店に置かれている名刺や
張り出された運転業者の電話番号に電話をすれば、
タクシーと同じ様に気軽に利用することができます。

絶対に飲酒運転をしないためにも、運転代行を上手に活用し、
お酒の席での時間を増やすことで、気兼ねなく楽しむのも良いのではないでしょうか。

mare(マーレ)運転代行の料金設定をご確認したい場合は、利用料金からご確認ください。

那覇市/糸満市/豊見城市のmare(マーレ)運転代行の情報

ご利用の際はお願いいたします!

■ご依頼の電話番号■ 080-8588-7659